「豊かな心」は「安心」のある生活から生まれます。

お知らせ

  • まんまる

    1.2才児対象の小規模保育所

  • ナースリー

    未就園児クラス

  • なわてブログ

    子どもたちの日常をお知らせします

  • Eメールでのお問い合わせはこちら

運営の方針

子育ては園と家庭とのパートナーシップから

当園は昭和28年(1953年)、四条畷市(当時は四条畷町)にとって最初の幼稚園として園児25名、教職員3名でスタートし、平成25年度を以て創立60年目を迎えさせて頂きました。

思えば、設立当時は幼児教育の重要性はもとより、幼稚園の存在すら社会的には認知されていませんでしたが、地域の皆様のあたたかいご理解とご支援、又歴代保育者の幼児教育に対する熱い思い、そして何よりも保護者皆様が畷幼稚園を信頼して頂き、大切なお子様を託して頂いたことが今日に至っていると深く感謝しております。

幼稚園では「園と家庭との連携が大切である」と言われます。それは、子どもたちの生活が幼稚園と家庭という場面の違いこそあれ常に連続性を持ったものであり、お互いがその役割を十分に果たし、補完しあうことが子どもたちの健全育成には何よりも重要であると考えられるからです。

従って、より良いパートナーシップを保ちながら、同じ目線で「共育て」をしていくことを園運営の大きなコンセプトとしながら、日々の保育を行っています。

建学の理念

保育を支える考え方

日本には古来より先人達が築き上げた素晴らしい文化があります。
その文化を継承すると共に、 新しい文化を生み出し育て上げることが教育の使命であると考えます。
中でも、幼児期の教育は文化の芽を育む時期にあたっていることから、生涯教育の観点から見ても極めて重要であるといえます。

「十人十色」と言われるように、人はそれぞれ違って当たり前ですが、当園では「人と違うことのすばらしさ」と「人と一緒である事の安心感」を日々の保育の中で体感し、共有しながら「生きる力」を育んでいます。

子どもも、親も、教師も共に育ちあえる幼稚園。
それが私たちの求める姿です。

プライバシーポリシー:当園での個人情報の取扱については法令を順守し、行なっております。
ページのトップに戻る